今まで訪れた中でおすすめの芸術スポット3選

未分類

美術館を訪れるのが好きな大学生が、今まで行った中でおすすめの芸術スポット「モエレ沼公園」「彫刻の森美術館」「万博記念公園」を紹介します。それぞれの紹介文の後にはより詳しく書いた記事へのリンクもあるのでぜひ見てください!

モエレ沼公園

札幌の「モエレ沼公園」はイサム・ノグチ氏が設計した埋立地跡にある芸術公園です。

この公園の設計を手掛けたのは、世界中の美術館でその作品を見ることができる日系アメリカ人の彫刻家イサム・ノグチ氏。札幌市の依頼により“触れられる芸術作品“として彼がデザインを行い、2005年にグランドオープンしました。公園内にはガラスピラミッド「HIDAMARI」や人工山「モエレ山」、ダイナミックな「海の噴水」など、芸術を知識ではなく肌で感じられます。

彫刻の森美術館

箱根の「彫刻の森美術館」はピカソ展示館を持つ、空気の綺麗な山の上の野外美術館です。

箱根の登山列車で急な斜面を登ると、山中に静かに佇む「彫刻の森美術館」が見えてきます。国内の美術館としては珍しくピカソの作品の展示館があり、ピカソの絵画や彫刻作品を楽しむことができます。“シャボン玉のお城”や“ネットの森”、足湯など子供も楽しめる場所がたくさんあります。

万博記念公園

太陽の塔

吹田の「万博記念公園」は大阪万博のシンボルである太陽の塔と周辺施設からなる公園です

1970年に開催された大阪万博では「人類の進歩と調和」をテーマに、日本を代表する彫刻家の岡本太郎氏が「太陽の塔」を制作しました。現在は破損していた塔の改装工事も終わり、内部展示を見ることができます。近くの「EXPO‘70 パビリオン」では万博当時の展示物や各パビリオンの様子を知ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました