【十画館の殺人:綾辻行人】斬新などんでん返しの推理小説、初心者でも読みやすい!

感想文

前から気になっていた推理小説「十角館の殺人」を読みました!

そして誰もいなくなった」を強く意識しているので先に読んでおくことをおすすめします!

「十角館の殺人」あらすじ

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

「BOOK」データベースより

「十角館の殺人」登場人物

中村青司

「十角館」をはじめとして、自分の気に入った建物しか作らない建築家。

娘である千織が、ミステリ研究会で急性アルコール中毒になり死亡。

十角館のある角島で妻と使用人を殺害して自殺したとされ、庭師が行方不明になっている。

江南 孝明/守須 恭一

K大学推理小説研究会のうち、十角館への合宿に参加しなかったメンバー。

「中村千織はお前たちが殺した」という怪文書を受け取り、十角館の四重殺人について調べる。

大分県K大学・推理小説研究会

メンバー同士が推理小説の作者にちなんだニックネームで呼び合っている。

メンバーの一人であるヴァンが、伯父のつてで十角館での合宿を計画する。

 年前に新入生だった中村千織が急性アルコール中毒で死亡している。

(以下ネタバレ)

「十角館の殺人」のポイント

動機は手順は誰にでも

物語で起こる十角館の殺人事件は、誰が犯人であってもおかしくないです。

殺害方法が計画殺人ではなく、時限式のものが多い点でもリアリティを感じました。

殺人の方法も男女に関係なく行える内容で、犯人が誰かは物語を読んでいないとわからない。

関連する2つの事件

物語は過去に起こった「角島四重殺人」と作中で進行する「十角館の殺人」が関係してきます。

島から失踪したのは庭師だったのか、それとも「顔のない死体」を作った中村青司なのか。

状況によっては犯人が変わりうるため、読みながら自分の中での犯人予想が揺るぎます。

島内外での認識の違い

十角館の殺人が完了した後、警察が島に上陸した際の描写を読んだ時に思わず二度見しました。

それまで物語で登場してきた人数が7人だったのに対し、島内で発見された死体の数は全部で6人。

1人が犯人なのは確実ですが、なぜか島にいたのは6人だと書かれており、ここに物語のトリックが存在しました。

ニックネームの謎

作品を読み始めた時、登場人物の名前が全員カタカナであることに読みづらさを感じました。

事件のネタ晴らしの際に、この作品の謎に素直に感動。

小説だからこそのドラマや映画ではやりづらい演出ですが、推理小説としては華麗です。

「十角館の殺人」感想

推理小説は基本的に考えないで読むタイプですが、今回の作品は

アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」をかなり強く意識しているため、まんまとミスリードされました!

個人的にはオルツイが真犯人でポウと共犯しているというのもアリかな…と思います。

十角館の複雑な形は推理には関係なく、推理小説があまり得意でない人でも読みやすい作品だと思います!

ぜひ読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました