「桃太郎はニートだった!:石井正己」感想!昔話からわかる江戸の流行!

感想文

最近は自分が好きなジャンルの本だけでなく、様々な種類の本を読みたいと考えています。

今回は「桃太郎はニートだった!日本昔話は人生の大ヒント」を読んだので
感想を書いていきたいと思います!

桃太郎はニートだった! 日本昔話は人生の大ヒント:石井 正己

「桃太郎はニートだった!」筆者紹介

筆者が東京学芸大で日本文学・口承文芸学を専攻した石井正己教授。

日本の古典に関する著書が多いです。

昔話の分類

多くの昔話が現代の話になったのは江戸時代に流行した「赤本」と呼ばれる、表紙が赤い紙で作られている草双紙でした。

「赤本」は江戸時代の中期からは出版され、 主に子供がもむ絵本として大量に刷られました。

この意味で現在知られている昔話の多くが江戸時代に誕生したといえますね!

「桃太郎はニートだった!」内容

桃太郎:異常誕生

子供が桃などから生まれる現象で、日本に古来からある「小さ子信仰」をもとにしていると考えられています。

「小さ子信仰」とは体の小さな紙が異界から人間の世界へやってくるという考え方です。

異常誕生の例としては他に瓜子姫や力太郎をあげることができます。

一寸法師:貴種流離譚

「貴種流離譚」高貴な生まれの英雄が故郷を離れて流浪し、多くの苦難を克服していく物語のことです。

有名な話として昔話ではありませんが、古事記におけるスサノオノミコトの話が挙げられます。

猿蟹合戦:擬合戦物

源平などにおける合戦を動物などを使って表現した話を「擬合戦物」と呼ぶことがあります。

軍記物の中には有名武将が次々に登場する「武者揃え」の場面が存在しますが、猿蟹合戦においても同じような描写を見ることができます。

カチカチ山:新聞錦絵

日本の昔話の中でも特に残酷な話として「かちかち山」をあげる人も多いのではないでしょうか?

本来の「かちかち山」はこのような話です。

爺さんがタヌキを縛っていたが、タヌキ汁にされそうなタヌキは婆さんの同情を買い、縄をほどいてもらいます。

タヌキはお礼どころかばあさんを殺し「婆さん汁」を作り爺さんに食べさせます。

爺さんから仇討ちを頼まれた兎はタヌキの背中に火をつけ、そこにからしを塗り込み、泥船に乗せてタヌキを溺死させます。

花咲か爺さん:隣の爺

外国では「隣の爺」は兄弟間における話であることがが多いです。

これは外国では兄弟で財産を分け合っていたのに対し、日本では長男が家に残り、弟たちは家を離れて分家を作るという文化の違いによると考えられます。

兄弟間での争いがそこまで一般的でなかった日本では隣の爺という方法で描写したのでしょう。

昔話の変遷

赤本の構成上によるもの

赤本は10ページほどの薄い本であったため、あまり長い話を描写することができなかったようです。

赤本に収録するため話の本質でない場所が削除されたり、登場人物が減らされたりしました。

文化や時代背景に合わせたもの

日本の昔話の中には外国からやってきた話も多くあります。

果物や動物などは、そのままでは日本人に受け入れられないため、

身近にあるもので置き換えるなどの修正が加えられています。

伝達媒体の変化によるもの

親から子へ口頭で伝えられていた昔話の中には残酷な描写も多くありました。

江戸時代に入り赤本として昔話をまとめ直した際、残酷な描写を絵として表すことを避けるため、内容の変更が行われたものもあります。

近年の絵本にもこの傾向はみられます。

「桃太郎はニートだった!」感想

僕は両親がよく読み聞かせをしてくれたり自分でも絵本を読んでいたりしていたので、この本で紹介されていた昔話はある程度知っていました。

残酷な方の話も知っていましたがどこで知ったのかは覚えていません。

口頭で伝えられていた昔話を絵をつけて紹介するにあたり、残酷な描写を除外した理由に納得しました。

しかしながら近年の昔話は物語が軟化していると考えられます。

かわいらしい絵でだれも死なないで最後に仲良く暮らすという話もいいかもしれませんが、やはり多少トラウマになるような話でもいいのではないでしょうか。

(同じ童話でもグリム童話はさすがにトラウマレベルですが)

これからはよく知った昔話を見つけたら目を通していろいろなバリエーションの絵本を読んでみたいです!

桃太郎はニートだった! 日本昔話は人生の大ヒント:石井 正己

コメント

タイトルとURLをコピーしました