美術館、博物館

科学未来館の常設展示「アナグラのうた~消えた博士と残された装置~」が怖い

投稿日:

科学未来館
アナグラのうた

お台場にある日本科学未来館には「アナグラのうた」という常設展示がありますが、小学生のときは非常に怖いと感じていました。

大学生になってから改めて訪れる機会があったのですが、やはり展示の怖さというか、不気味さは消えることなくありました。

この展示には何かあると思い、大学生の視点から科学未来館の展示「アナグラのうた」がどうして怖いかを考察してみました!

「アナグラのうた」とは?

日本科学未来館
アナグラのうた

まずはこの展示を知らない人のために、「アナグラのうた」特設ホームページにある展示の説明から「アナグラの物語」を引用します。

淡々とした語り、比喩を用いた表現、何よりも最後の一文と、はじめから怖い雰囲気MAXで、到底子供が遊ぶための展示だとは思えません。

予感は悪い方に的中した。
GAMEが強制終了されてしまった。
今までとは違う。
巨大な箱がぐらりと揺れたんだ。
携帯電話はずっと圏外。
インターネットも使えない。
ICカードは誤作動し、
生活の様々な場面が立ちいかなくなった。
カタストロフはパニック映画のように
わかりやすいモノではない。
それは時間をかけて進行していった。

https://www.miraikan.jst.go.jp/sp/anagura/story.html

世界の危機を感じた5人の博士は地下シェルターに籠もり、社会をリブート(再起動)させるための研究を始めました。

年月は流れ、研究者たちは地下で家族を作りながら研究を続け、彼らはいつしかシェルターのことを「アナグラ」と呼ぶようになりました。

時代は流れ1000年後の人間がいなくなった「アナグラ」では博士たちが開発した装置は自然と融合しながら来訪者を待ち続けました。

参加者は自身の分身である「ミー」を携えて、アナグラにある博士たちの装置と対話を行うという展示内容になっています。

なぜ「アナグラのうた」は怖い?

ストーリーが本気すぎる

日本科学未来館
アナグラのうた
アナグラの時代と背景

この展示について確実に言えることは、「子供向けに作る気がなかったのだろう」ということ。

アナグラの物語からわかるように、「アナグラを訪れる人がいない=博士を含む人類が滅亡」と考えられ、非常に暗い未来予知となっています。

人類が開発し放置されてきたアナグラの装置は自然と融合し独自の進化を遂げ、かつて自分たちを作った人間が来るのを待ちます。

これはコンピューターが人間の理解の範疇を越えてしまう「シンギュラリティ」を暗に示しているように感じ怖いと感じました。

デザインが不気味

日本科学未来館
アナグラのうた
ミー

当初は太い枠線と巨大な目に言いようのない恐怖を感じたキャラクターは、デザインした人がよくわかりませんでした。

またそれぞれの装置?には人間の眼のみが映し出されるディスプレイがあり、これも個人的にはトラウマレベルでした。

博士たちなどの鉛筆書き調のイラストは「ラクガキング」の名前でも知られる寺田克也さんが手がけています。

音声に人間味がない

「アナグラのうた」で流れている音楽ですが、「ボーカロイド」を用いて演奏を行っています。

VOCALOID(ボーカロイド)とは、ヤマハが開発した音声合成技術、及びその応用製品の総称である。

メロディーと歌詞を入力することでサンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/VOCALOID

「アナグラのうた」では「VY1」、「VY2」というボーカロイドによって曲が再生されています。

アナグラのうた」で入力した名前をその場で歌ってもらうことができるのも、ボーカロイドの技術のためです。

言葉が宗教っぽい

この「アナグラのうた」という展示には「パワー」、「みんな」、「共有」などの宗教じみた言葉がよく出てくるため怪しさ満点です。

それぞれの装置の名前もカタカナで表記されていたり、、展示内に流れている曲の歌詞も何かを暗示しているようだったりといろいろ不気味です。

「アナグラのうた」の目的

非常に怪しげな展示「アナグラのうた」ですが、どうやらこの展示が伝えたいことは「空間情報科学」という学問についてのようです。

「空間情報科学」。
それは、私たちが暮らす実空間での人やモノのふるまいを計測し、その結果を計算して理解し合うことで、人々の暮らしを支援しようとする科学です。
いうなれば世界のデジタルコピーをつくって、その中で次に起こることを予測して、あらかじめ、みんなが望む情報を用意したり、起こりやすい問題を回避しようという知恵です。
人々から提供される情報が多ければ多いほど、その結果も充実した内容になります。
「空間情報科学」が社会に浸透すると、世界が自分のことを知り、見守り、寄り添い、支えてくれるように感じるでしょう。

https://www.miraikan.jst.go.jp/sp/anagura/index.html

この「空間情報科学」の研究にあたり、博士たちはアナグラの中に5つの装置を開発しました。

ナガメ

日本科学未来館
アナグラのうた
ナガメ

様々なデータを測定し、三次元上のマップデータとして完成させることを目的としており、得られたデータは実験に必要なこの空間のコピーを作ることに役立てられています。

また出来上がったデータは自動運転のナビやスーパーコンピューターが計算するにあたる仮想空間に用いられています。

例)アメダス、気象衛星など

イキトイキ

日本科学未来館
アナグラのうた
イキトイキ

「移動情報の計測」を行う装置で、人々の移動情報から人間の行動パターンや好みを調べることができます。

これらのデータは集客ツールなどとしての活用が見込まれており、現在は実際に身の回りで使われています。

例)SNSの位置情報など

イド

日本科学未来館
アナグラのうた
イド

「生体情報の計測」を行う装置で、人間の脈拍や体温からその人の健康状態を把握することができます。

これらのデータにより、病気の予防や普段の運動状況のデータを取ることができるようになります。

例)ウェアラブルデバイス

ワカラヌ

「個人情報の保護」を行う装置で、個人から集めたデータをだれのものだかわからないようにすることができます。

この操作により、個人情報の特定や個人情報に基づく差別を防ぐことができます。

例)アンケート、調査結果の公表など

シアワセ

日本科学未来館
アナグラのうた
シアワセ

「情報の共有と活用」を行う装置で、集めた大量のデータの中から有用なものを見つけ出し、社会の役に立てることができる。

この「アナグラのうた」では、集めたデータを用いて曲を生成しています。

例)ビッグデータ活用

「アナグラのうた」隠しコマンド

今まで紹介してきた「アナグラのうた」ですが、調べている過程で隠しコマンドが存在するらしいことが判明しました!

情報を見つけたサイトが見当たらなくなってしまいましたが、「オマツリ」というイベントが始まるというもだったと記憶しています。

条件発生のタイミングやそれにかかわる人数などは「アナグラのうた」で流れた音楽にあるようです。

久しぶりの「祭り」発生!【未来科学館化学コミュニケーターブログ】

誰か科学未来館に行く人がいたら試してみて結果を教えて欲しいです!

「アナグラのうた」まとめ

今回はずっと気になっていた「アナグラのうた」について調べられる限りのことを調べられたので個人的に満足です!

調べてみるあたり、特に怪しい所はないようですが、あの展示の不気味さは行ってみないと本当にわからないです。

もし科学未来館に行く機会があれば「アナグラのうた」に参加することをおすすめします!

https://www.miraikan.jst.go.jp/

他の日本科学未来館の記事はこちら

  • 2019/08/18 執筆
  • 2019/12/02 更新

ブログランキング

記事下

-美術館、博物館

Copyright© 樹の大学生活リポート! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.