美術館、博物館

「ムンク展-共鳴する魂の叫び at 東京都美術館」感想!

投稿日:

ムンク展
東京都美術館

2018年10月27日~2019年1月20日まで東京都美術館で公開中の「ムンク展ー共鳴する魂の叫び」を見てきた感想を書いていきます!

全体的な感想としては「ムンクに対するイメージが変わった!」でした。

『ムンク展 共鳴する魂の叫び』 公式ガイドブック (AERAムック)

ムンクとは?

エドヴァルド・ムンク(1863年~1944年)はノルウェー出身の画家。

幼いころに母と妹を亡くし死に対する絶望を「病める子」などの作品に表す。

その後ボヘミアン・グループに入り、「生」や「愛」をテーマにした作品「マドンナ」「吸血鬼」などを製作する。

ドイツでナチスが台頭すると、ムンクの作品は1937年、退廃芸術としてドイツ国内の美術館から一斉に外された。

1944年、ムンクは遺言ですべての作品をオスロ市に寄付することを告げ、気管支炎で亡くなる。

ムンクというと「叫び」以外に有名な作品は思い浮かびませんでした。

他にも「マドンナ」「病める子」などの有名な作品があったのですね!

遺言で、オスロ市に自分の作品をすべて寄付する姿勢はとても立派だと思います!

ムンクによって寄付された作品はオスロ市のムンク美術館に展示されています。

公式HP:ムンク展―共鳴する魂の叫び|東京都美術館

 「ムンク展-共鳴する魂の叫び」

 今回の「ムンク展ー共鳴する魂」は東京都美術館がオスロ市立ムンク美術館からムンクの作品約100点を借りて行われています。

今回来日する代表作「叫び」は何種類か存在しますが、今回のパターンの作品は初来日だそうです。

「ムンク展ー共鳴する魂の叫び」料金

今回のムンク展は東京都美術館で行われており、その料金は

  • 当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000

となっています。団体料金は前売り券と同じ金額でした。

支払いは現金、カード(VISA、mastercard)が確認できましたが、他の支払い方法については不明です。

楽天カードで支払えば料金の一部が楽天ポイントで帰ってくるのでお得です!

さらに観覧券の後ろを見るとすごい情報が…

11/21(水)、12/19(水)、1/16(水)はシルバーデーにより、65歳以上の方は無料。当日は混雑が予想されます。

65歳より下の人はこの日を避けていった方がいいかと思います。 

「フェルメール展」が行われているのでそこまでの混雑はしないと思います。(行ったのが平日なので休日の混みようは予測できませんが)

気に入った作品

ここでは今回のムンク展で僕、樹(いつき)が気に入った作品を紹介していきたいと思います!

ムンクって「叫び」みたいな作品ばかり書いたのかと思いましたが、意外に普通の絵もたくさんあったのが意外でした。

グランカフェのヘンリック・イプセン

どこまでが顔なのか謎です(笑)

後ろのカーテンに同化して変な生き物みたいです。

調べてみたら白髪とひげでした。

メランコリー

「メランコリー」は日本語で「憂鬱(ゆううつ)」。

フィヨルドの湖畔で男性が悩んでいます。

恋人にでも振られたのでしょうか。

渚の青年たち

とある金持ちの息子の部屋にかけるために製作された絵。

もし僕の部屋にこんな不気味な絵があったら、たぶんトラウマになります。

よくわからないけど怖い絵柄の作品ってありません?

余談ですが、僕はこの人の絵が苦手です。

夏の夜、声

何かを言いたげな女性と湖面に映る月。

ムンクは水面に映る月が好きなようでこの月の書き方はたくさんの作品の中で見ることができます。

叫び

「叫び」にはパターンが何種類かあり、今回の「叫び」は初来日。

この作品は中央の人物(ムンク自身)が叫んでいると間違われがちですが、

ムンクは急に聞こえてきた叫びを聞くまいと耳をふさいでいます。

絶望

今回の「叫び」は色が毒々しい方ではなかったので個人的にはこちらの方が好きでした。

にじみ出る恐怖や絶望は誰の心に中にもあると思います。

しかし、その誰にでもある感情をキャンバスに表現できるところが画家のすごい所だといつも思いますね!

フリードヒ・ニーチェ

彼はかの「神は死んだ」の言葉で有名な哲学者のニーチェです。

彼の死後、妹の依頼でムンクが制作した作品になります。

彼はニーチェの思想に共感していたようですが、ニーチェの堂々とした立ち姿からもムンクの尊敬が読み取れます。

黄色い丸太

ムンクの作品の中では比較的使っている色彩が鮮やかな方です。

雪の中に一本の丸太が倒れているだけですが、明るく爽やかな印象を持ちます。

倒木だけが黄色い所や、立木の木目の適当な描き方も好きです。 

星月夜

今回の展示作品の中で、一番気に入った作品。

何気ない夜の風景ですが、なぜかとても美しいと感じました。

ムンク特有の空の塗り方が恐ろしさではなく荘厳さを持っているようにも感じられます。

他にも興味深い作品がありましたが、画像が見るからないので名前だけ紹介しておきます。

実際に見に行って確かめてください!

赤い背景の自画像

東屋の傍の自画像

芸術家とモデル

星空の下で

青空を背景にした自画像

臨終の死

「ムンク展」おすすめのお土産

美術館の企画展の後に必ずあるのが展覧会限定グッズ。

色々趣向を凝らしてあるのでいつもチェックしています。

「叫び」人形

f:id:itsutsuki:20181108213032j:plain

「叫び」の中央人物を空気を入れて膨らます立体のオブジェにしました。

下にはおもりがついていて倒れそうですが、倒れません。

リトグラフの色違いが3種類と油彩画版の4種類があります。

全て日本で製造しているので品質も安心だね!(そこ強調するところ…?)

ムーチョの叫び

f:id:itsutsuki:20181108213100j:plain

「カラムーチョ」がちゃっかりコラボしてます。

パッケージには叫びに耳をふさぐおばあちゃんが…。

スッパムーチョとカラムーチョの2種類があります。

それと、なぜかポケモンがコラボしていました。

個人的には芸術作品とのコラボは行ってほしくないかな…。

「ムンク展ー共鳴する魂の叫び」感想

ムンクというと「悲劇の画家」だと勝手に思い込んでいました。

ゴッホのように苦しみながら絵を描き続けたと。

たしかに、若いころは家族の死や自分の付きまとう死に対するおびえや絶望からくる作品を書いていましたが、ボヘミアンに出会ってからは死と対象に位置する生や愛についての作品を多く書いています。

個人的には初期の奇抜な色遣いやうねる背景が好きだったので少し拍子抜けしました。

人間だれしも心のどこかに闇の部分を持っており、それを隠して抑圧しすぎると必ずどこかがおかしくなってしまうとおもいます。

ムンクの描く心の闇は僕に一種の安心をもたらしてくれました。

しかしそれとともに、絶望から抜け出したムンクが明るい絵を描くようになるまでの過程を見ることができたのは希望が湧いてきます。

僕の知らないムンクの一面を見ることができました。

展覧会最後の壁に書いてあった言葉が気になったのでメモしてきました。

我々は誕生の時にすでに死を体験している

これから我々を待ち受けているのは、

人生のなかで最も奇妙な体験

すなわち死と呼ばれる、真の誕生である

――― 一体何に生まれるというのか?

何に生まれるのというのか…

前回のミケランジェロ展やフェルメール展でも思ったのですが、子供を連れてくる親が結構います。

小さいころから本物を見ておくことはとても大事だと思います。

『ムンク展 共鳴する魂の叫び』 公式ガイドブック (AERAムック)

  • 2018/11/08 執筆
  • 2018/12/03 更新
  • 2019/01/08 更新
  • 2019/11/02 更新

パソコン用

パソコン用

ブログランキング

記事下

-美術館、博物館

Copyright© 樹の大学生活リポート! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.