エアコンなしでも涼しく勉強!大学生、夏の暑さ対策まとめ!

大学生活
暑さ対策
大学生 勉強

夏の暑さに負けてエアコンをずっとつけている人も多いのではないでしょうか。

しかしエアコンは電気代がかかるだけではなく、乾燥や暑さ耐性の消滅という欠点があります。

今回は暑い夏を乗り切る、エアコンに頼らない暑さ対策を紹介していきます!

冷たいものを飲まない

暑いと冷たい飲み物を飲んだりアイスを食べたくなります。

しかし食べ終わると逆に暑さが強調されてしまい辛いです。

そのためできるだけ常温のものを食べたり飲んだりしましょう。

シャワーでお湯を浴びる

上の話に似ていますが、冷たいシャワーだと余計に暑く感じます。

そのためあえて温かいお湯を浴びると気化熱もあって涼しく感じます。

汗も流せるので不快感も取り除けるため、かなりおすすめです。

太い血管を冷やす

熱中症患者にも施す処置です。

首の後ろや足の付け根など太い血管が通っている場所を冷やしましょう。

血液がたくさん流れているため体温が下がりやすいです。

冷却シートを敷く

冷蔵庫で冷やさなくても勝手に冷たくなる素材でできた商品があります。

このシートを椅子や敷布団の下に入れることで涼しさを感じられます。

すのこを敷く

夏に熱く感じる理由は肌に布が張り付く、風通しが悪いなどです。

上で紹介した冷却シートに加え、「すのこ」を入れることも効果的。

暑さ対策だけでなく万年床のカビ対策にも有効です。

サーキュレータを使う

 窓が開いていても、空気がよどんでいると非常に暑く感じます。

空気が動かすだけでも体感温度はだいぶ下がることは知っていましたか?

扇風機よりもサーキュレータの方が部屋の風を移動させるのには最適です。

気化熱を利用する

 気化熱とは水などが液体から気体になるときに熱を吸収すること。

これを利用して打ち水をしたり風呂の壁にお湯をかけておくと涼しいです。

中には気化熱を利用した扇風機も存在します。

首掛け式扇風機

だいぶ日本で普及してきた首に掛ける方式の扇風機。

見た目がイマイチですが、多くの人が使うようになれば問題ありません。

実用的なものからかわいいものまでいろいろ種類があります。

まとめ

良いと思うものがあったら試してみてください!

  • 執筆 2019/11/13
  • 更新 2019/12/13

コメント

タイトルとURLをコピーしました