大学生でダラダラしても、これだけは心がけておきたいこと(自戒)

大学生活

大学生は時間を自由に使えますが、使い方を間違えると貴重な人生の浪費になってしまいます。

大学生でダラダラ指定も最低限心がけていること、心がけておきたいことを大学生の目線で挙げてみました。

遊んでいてもいいので最低これくらいは努力しておきたいですね!

早寝早起きをする

大学の講義は朝のHRがないため開始時間が曜日で異なります。

中には時間割を調整して、午前中は何もなくずっと寝ている人もいます。

貴重な時間を無駄にしないためにも、早寝早起きを意識すると1日が各段に長くなります。

早寝早起きのメリットは

  • 朝に集中時間を使って作業できる
  • 朝から始まる授業に遅刻しなくなる
  • 二度寝する分の時間を有効に使える
  • 体内時計を調整して爽やかに朝を迎えられる
  • 太陽に合わせて活動するため電気代が安い

早寝早起きのコツとしては

  1. カフェインを摂取しない
  2. 寝る前にスマホなどの画面を見ない
  3. シャワーを浴びて汗を流す
  4. 日中によく運動しておく
  5. 日中の仮眠は20分程度
  6. 毎日就寝時間と起床時間を統一する

知識を求め続ける

現代人はスマホというものがありながら、わからない言葉の意味をスマホで調べることは少ないです。

情報に対して思考する癖をつけておくと、フェイクニュースや詐欺に騙される可能性も下がります。

いちいち知らないことを調べるという癖をつけておくと、知識の幅が浅く広くなってきます。

知識を求め続けるメリットは

  • 知識量が増え広い視点で考えられるようになる
  • 何事にも興味を持てるようになる
  • 話題に困らなくなる
  • 知識同士を関連づけられるようになる
  • フェイクニュースや詐欺に気付けるようになる

注意することとしては

  1. わからなかったらその場で検索する
  2. 複数のソースから情報を吟味する
  3. 関連情報をついでに見ておく
  4. 知識をアウトプットする

新聞・本を読む

自宅にテレビがなく、ネットニュースも読まないような大学生はニュースに触れる機会がほとんどありません。

大学という閉鎖空間で生活しているせいで日本や世界の情勢をつかみにくくなり、就活の時に急いで情報収集するのは大変です。

大学生は新聞を読まないという人が多いらしいですが、新聞は読むととても面白いです。

新聞・本を読むメリットは

  • 様々な知識に触れられる
  • ある程度の信用性が保証されている
  • 文章や文字に対して苦手意識がなくなる
  • 日本や世界の状況を大まかに理解できる
  • 世の中に関心を持てるようになる
  • 一生楽しめる

初めて新聞を読む人へのコツは

  1. 新聞独特の読み方を覚える
  2. まずは一面をざっと読んでみる
  3. 自分のお気に入りの面を読む
  4. 流し読みをして面白そうな記事を読む

付き合う人を考える

お酒はそこそこ好きですが、飲み会は一次会だけにするようにしています。

理由としては上に述べたように次の日に響くからというのに加え、あまり意味がない感じてしまうからです。

二次会は基本的に皆べろべろで、何を話したのか、何を聞いたのかも覚えていないことが多く時間と健康を損なうだけです。

一次会だけにしておけば楽しく飲めるし、二次会の分を他の飲み会に当てることもできるのでお得ではないでしょうか?

海外旅行に行く

大学時代の長期休業より長い休暇を将来取ることは非常に難しいですう。

そのため普段はできないような海外渡航の経験を積んでおくべきだと思います。

やりたいことはやる

自由にできる時間があるからこそ、やりたいことには躊躇なく飛び込むようにしなければいけないと考えています。

やりたいことリストを作って、いつ死んでも後悔しないないくらいの気概でどんどんチャレンジしています。

大学生はやりたいことリストを作って後悔しない大学生活を送ろう!

小さなことをコツコツと

もっと意思を高く持ちたいというのもありますが、あまり厳しくし過ぎても守れなくて自己嫌悪に陥るのでこれくらい心がけています。

参考になるものがあれば幸いです。

コメント

  1. Mainan より:

    これくらいが限界、とありますが
    これだけできればすばらしい‼️
    私なんてどれもできていない😥
    いつきさんすごいですね

タイトルとURLをコピーしました