大学の新歓コンパは参加すべき!趣味と出会いを見つけるチャンス!

大学生活

こんにちは、学生リポーターの樹(いつき)@itsutsuki3 です!

ということで、今回は新歓コンパに行くことのメリットについて書いていきます!


新入生歓迎会とは?

大学に入学してきた新入生に対し、サークルや部活、委員会が後輩獲得のために自分たちの団体の説明をしたり勧誘をかけたりする会の事です。

多くの場合、大学の学部・学科説明会の前後に予定されています。

多くの学生はこの新入生歓迎会で大学の情報を集めたり、入るサークルを決定します。

新入生歓迎会の後は先輩たちの奢りでご飯を食べさせてもらえる「新歓コンパ」があることが多いです。

新歓コンパには行った方がいい理由

僕はいろいろなことに興味があるのでたくさんのサークルを見に行きました。

ジャグリング、ビリヤード、空手、学園祭実行委員、ロック、剣道、鳥人間 etc…

入る気がなくても、少しでも興味を持ったら新歓には参加していいと思います。

その理由を以下に書いていきます。

自分の知らない分野の話が聞ける

僕はかつて剣道部に所属していましたが、空手も面白そうだと思い、空手部を見学に行きました。

剣道と空手には共通する部分も多く、剣道⇔空手へ転身する人も多いそうです。

剣道は右足が前ですが空手は基本的に左足が前なので、剣道経験者の中には逆手で空手をやる人もいると聞きました!

さらに空手は蹴りの動きもあるため、剣道以上に体の柔軟さが重要になってきます。に

このように自分が普段振れたことのない分野のサークルを除きに行くと思いがけない発見があります。

思いがけない自分の才能も見つかるかもしれません!

先輩や他学部の人と話せる

普段はあまりのかかわりのない他学部の人と話すことができるという点でも新歓コンパはおすすめです。

自分たちと異なる分野の大学生の話を聞くことで新たな発見も得られます。

お互いに初めて聞くことばかりなので話も弾みますよ!

また先輩から単位の取りやすい授業のことを聞いたり、過去問をもらったりすることもできるかも…

タダ飯が食べられる

新歓コンパのメリットを書いてきましたが、やはり何といってもこれが大きいです。

最近の新歓コンパでは入部する前の説明会の時点からご飯会があります。

先輩が全額出してくれるところもあれば新入生は少し安くなるところまでいろいろ。

一人暮らし自炊組にとっては夕食を作らずおいしいモノが食べられます。

また、新歓コンパでは大学の周りのお店を使うことが多いので、大学周りのお店にも詳しくなれます。

来年は自分たちがおごる番になるので躊躇はいりません。

サークル選びで注意すること

新しい趣味や人との出会いがたくさんある新歓コンパ、しかし中にはカルト集団や怪しいサークルも混ざっていることがあります。

そんなサークルに入ってしまわないように注意できることをまとめてみます!

パンフレットに掲載されているか

新入生歓迎会のときにはどんなサークルが存在するかわかりやすいように、参加団体をまとめた冊子が配られることが多いです。

その冊子に載っていない団体は学内団体ではない、もしくは何らかの理由があり掲載されなかったのではないかと考えることができます。

活動場所はどこか

サークルによっては別のキャンパスに移動して活動するところも。

交通費が出るかも確認しておくといいかも

雰囲気は自分に合っているか

自分に合った雰囲気なのかは新入生歓迎会でわかります。

新歓コンパでお酒が入れば先輩の口も軽くなります。

活動費は合宿費等含めていくらぐらいかかるのか

何かあるたびに合宿に行くサークルもあるので自分の財布と相談しましょう。

またそれらにはどれほど強制力があるのか。

人数はどの程度か

人数が多すぎても飲み会などが難しく、少ないと というメリットがある一方にデメリットもあります。

お酒の度合いはどれほどか

お酒については、大学生は特に注意が必要ではないでしょうか。

大学生の飲酒死亡事件があってからそこまで過激ではなくなっていますが、いまだにお酒を飲むサークルは飲みます。

基本的に新歓コンパでは隠しているところが多いので見極めが難しい所です。

他のサークルとの掛け持ちは可能か

委員会などは他のサークルとの掛け持ちが難しい所も。

いくつもサークルに入りたいと考えている人はまず確認を取りましょう。

まとめ

最終的に僕はアルバイターになりましたが、他のサークルの活動を見られたことはとても良かったと思います。

場合によっては一生関わることのないモノもあるかもしれないので…

新入生の皆さんは躊躇することなく、上級生の皆さんは嫌な顔することなく新入生歓迎会で交流を深めましょう!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました