感想文

「夜は短し歩けよ乙女」ちょっと不思議系のアニメ映画!

更新日:

お題「最近見た映画」

みなさん、こんにちは!
学生リポーターの樹(いつき)です!

今回は、ずっと気になっていた映画「夜は短し歩けよ乙女」の感想について書いていきます!

大学生の皆さんもぜひこんな恋をしてみてはいかがでしょうか?

あらすじ

 クラブの後輩である「黒髪の乙女」に思いを寄せる「先輩」は、なるべく彼女の目にとまることを目的とした“ナカメ作戦”を実行する。彼は夜の京都を冒険する好奇心旺盛な彼女を追いかけ、個性豊かな人物が起こす数々の珍事件に巻き込まれていく。

(U-nextより)

 感想

観ているとわからなくなりますが、すべて一晩の出来事です!

主人公「先輩」の心情描写は言葉ではなく、すべて比喩的な映像で表現されているのが印象的でした。

人によって好き嫌いが好き嫌いが分かれるかも…

花澤香菜さんの演じる「黒髪の乙女」が良いキャラしてます。

行った先の人と片っ端から仲良くなり、次の場所に出かけていく活動性がカッコカワイイ!

僕は「黒髪の乙女」のような行動的な女性は割と好きです。

はじめは関係のないように思えた出来事が最後にすべてつながるのは見ていてすっきりします。

バラバラな出来事などの伏線をちゃんと回収してくれる話は結構好きなので楽しめました!

作画や表現方法が独特で、今まで出会ったことのないようなスタイルの映画でした

「先輩」は果たして「黒髪の乙女」のハートを射止めることができるのか…?

 作品中に出てきた言葉

この作品の中にはいろいろな実在するものの名前が出てきます。

どれも普通は聞いたこともないようなものが多いと思います。

その中でも気になったものを拾い上げてみました!

電気ブラン

電気ブラン

その度数は当時45度と高く、口の中がしびれる状態と、電気でしびれるイメージとが一致していたため、ハイカラな飲み物として人気を博した。

ただし発売元の合同酒精では、電気ブランという名称の由来は「電気との言葉がひどくモダンで新鮮に響いたから」とし、「口の中が痺れるため」という説は否定している。ブランデー、ジン、ワインキュラソー、そして薬草が配合されている。材料の詳細、配合の割合は今も秘密にされている。

電気ブラン - Wikipedia

電気ブランは実際に存在しますが、下の偽電気ブランの存在は確認できていません。

作品中だけのお酒なのでしょうか…?

飲んでみたいですね!

電気ブラン

電気ブランの製法は門外不出だったが、京都中央電話局の職員がその味を再現しようと企てた。

試行錯誤の末、袋小路のどん詰まりで奇跡のように発明されたのが、偽電気ブランである。

偶然できたものだから、味も香りも電気ブランとはぜんぜん違う。

「夜は短し歩けよ乙女」で気になるものまとめ|絵本・偽電気ブラン・ジュンパイロetc – エンタメ娯楽街道 五十三次

まとめ

原作の表紙が有名な中村佑介さんなのでいつか読みたいと思っていました。

いろいろなところで目にするイラストですよね!

個人的には原作から入りたいタイプですが、今回は映像が先になってしまいました。

原作も読んでみたいです!ちなみに原作はこちら。

 この作品はU-Nextの30日間無料体験の時に視聴しました。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

プライムビデオでは見られないので注意してください!

興味があったらぜひ見てみてください!

それでは!



 


 執筆 2018/05/17

 リライト 2018/12/16

ブログランキング

記事下

-感想文

Copyright© 樹の大学生活リポート! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.